TwitterもフォローしてねU^ェ^U

犬を飼う費用は年間・月間・一生でどれぐらいかかる?小型犬・大型犬それぞれの違いを解説!実際に我が家の支出も大公開!

どうも、@ch_chihuahuaです。

犬が大好きで犬を飼いたいと考えている方も、金銭的にあまり余裕がなく躊躇している方も多いと思います。

確かに犬を飼うには色々とお金がかかるもので、金銭的余裕がない状態で犬を飼うのは無責任と言えます。

食事やワクチン代など絶対にかかる費用はもちろん、トリミングやお菓子や服など、衝動買い的に買ってしまうものも数知れずです。

ただ漠然と犬を飼うのはお金がかかると分かっても、具体的に犬を飼うにはどれぐらいの費用がかかるか気になっていることでしょう。

そこでこの記事では、犬を飼うのに月間・年間・一生で何にどれぐらいかかるのか、実際に二匹のチワワを飼育中である管理人の家計簿をもとにご紹介していきたいと思います。

犬を飼うのに毎月かかる費用

犬を飼うにあたって必要になってくるものとして、大きく「食事を含む消耗品」「病院代・治療費」「その他」と区分することができます。

もちろんどのドックフードを購入するか、一回の食事でどれぐらい食べるかで消耗品などの金額は変動しますので、あくまで参考値としてご覧ください。

一般的に大きな犬ほど食費・医療費はもちろんトリミング代も高くなるので、小型犬よりも中型犬、中型犬よりも大型犬と費用は高くると考えてください。

ドックフードにかかる費用

ドックフードに関して金額も種類によって全然違いますし、体重によって適正な量も変わるため一概にこの金額と言うことはできません。

ざっくり平均を言うと1ヶ月あたりのドックフードにかかる費用は小型犬で1000円〜2000円、大型犬で3000円〜5000円となります。

我が家で飼っているチワワを例にすると、一ヶ月あたりのドックフード費用はやはり1000円ぐらいです。

トイレシーツにかかる費用

トイレシーツも安いものから高いものまでありますが、平均的には100枚で1000円ぐらいかなと思います。

もっと高価なトイレシーツを使っている方もいるでしょうが、私も200枚2000円ぐらいの商品を利用しているので妥当な金額かと思います。

トイレシーツは犬種によっても異なりますが、室内犬で多い小型犬であれば1日3枚ほど使うのが平均的です。

そのためトイレシーツを一枚あたり10円とした場合、トイレシーツに1ヶ月でかかる費用は900円となります。

犬のトイレシーツの交換頻度ってどれぐらい?何回に一回の交換がベストなの?

おやつにかかる費用

犬におやつをどれぐらい与えるかも人によって異なるので一概に言うのは難しいですが、私の家ではお留守番のときにおやつを与えるようにしていて、おやつ代として必要な費用としては毎月500円ぐらいです。

人によっておやつにかける金額は違ってくると思いますが、私の周りにいる愛犬家の方に聞いてもだいたい毎月500〜1000円とのことでした。

おもちゃにかかる費用

おもちゃもどれぐらい買ってあげるかは人によりますが、私の家では100円ショップなどで売っているペット用のおもちゃやミニカーなどをメインで買ってあげています。

そのため費用もたいした額ではなく、年間で1000円もあれば十分といった感じです。

ただしペットショップで買うとなるとちょっとした人形が1000円ぐらいするので、おもちゃにかかる費用ももっとかかってしまいます。

個人的には100円ショップのものでも大はしゃぎで喜んでいるので、わざわざペットショップで高額なおもちゃを買う必要はないと思いますが・・・。

狂犬病の予防接種にかかる費用

狂犬病の予防接種は年に1回受けることが義務付けられており、獣医から証明書を発行してもらい市区町村に提出しないといけません。

一回あたりの狂犬病予防摂取と証明書の発行費用は3000円〜4000円で、どの動物病院でも大体同じ金額となっています。

ワクチンにかかる費用

犬の免疫力を高め維持するためにワクチンの接種は必要です。犬を飼い始めてすぐに2・3回ほど接種しますが、その後は生後2年目以降に年に1回のペースでワクチンを接種することが一般的です。

ただし最近は3年に1回で問題ないと言われており、実際に私もワクチンに関しては3年に1回の頻度で接種するようにしています。

ワクチン接種の費用は種類によって金額も異なり、5〜6種ワクチンで5000円〜7000円、8〜10種ワクチンで5000円〜10000円となっています。

ワクチン接種の料金は動物病院によって結構変わってきますので、お近くの動物病院に一度問い合わせてみるといいですよ。

フィラリアの予防接種にかかる費用

フィラリアは蚊を媒体にして犬から犬にうつる感染症の一種であり、フィラリアにかかった犬は血尿や心不全・呼吸困難など、最悪な場合は死にまで至る病気です。

そのためフィラリアの感染を予防するために、飼い主は年1回の頻度でフィラリアの予防接種をしてあげる必要があるのです。

最近のフィラリアの予防接種はいろんな種類があり値段も異なります。錠剤タイプや皮膚的に垂らすスポットタイプや体内に直接投与する注射タイプなどがあります。

フィラリアの予防接種は1ヶ月あたり1000円〜2000円ぐらいが平均となります。

また摂取量は犬の大きさによって変わってくるため、小型犬よりも大型犬のほうがフィラリアの予防接種にかかる費用は高くなります。

ノミ・ダニの予防にかかる費用

犬のノミ・ダニの予防はフィラリアと比べて行っていない人も多いですが、ノミ・ダニは犬にストレスを与えたりアレルギーの原因にもなるため出来る限りの予防は必要です。また犬についたノミ・ダニは飼い主にも影響しますので注意が必要です。

ノミ・ダニの予防薬も種類が色々とあり、液体を体に垂らすスポットタイプ首輪タイプのものなどが人気です。

ノミ・ダニ予防薬の1ヶ月あたりの費用は約1000円〜1500円が平均的ですので、年間で言うと約12000〜18000円となります。

ちなみにフィラリアの予防接種と同様、小型犬よりも大型犬のほうが摂取量が多いためかかる費用も高くなります。

犬の飼い始めに必要な費用

月々にかかってくる費用とは別に、犬を飼い始めるにあたってまずは購入すべきアイテムも多数あります。

一度購入してしまえば毎月購入するようなものではありませんが、わんちゃんとの快適な生活を過ごすためにも最初に揃えておくといいでしょう。

子犬をお家に迎え入れる前に揃えておきたいグッズまとめ。快適なわんちゃんとの生活に備えよう!

ハウス・ゲージにかかる必要

室内犬・室外犬ともに必要なのがワンちゃんのためのお部屋です。ハウスやゲージと呼ばれるもので、金額も物によってピンきりです。

安いものだと5000円ぐらいで、高いものだと3万以上というのが大体の相場です。

室内で放し飼いをするからゲージはいらないと思われるかもしれませんが、躾として何かと便利なのでゲージは買っておくことをオススメ致します。

トイレにかかる必要

トイレシーツを固定するためのケースです。シーツだけだと犬がひっかいてズレるので、室内犬の場合はこちらのトイレケースの購入も必須です。

金額は1.5千円〜4千円ぐらいが一般的です。

首輪・リードにかかる費用

犬は散歩するのが大好きですので、散歩用の首輪とリードは最初に購入しておきましょう。

首輪とリードは別々にも売っていますが、同じ柄の首輪とリードをすると統一感があり可愛いのでおすすめです。

首輪とリードもかなりピンきりですが、首輪とリードのセットで3000円ぐらいで購入することができますよ。

食器にかかる費用

ドックフードと水を入れるための食器も必要です。人間用の食器を活用する方もいますが、滑り止めがついているペット用の食器の方がワンちゃんも食べやすくておすすめです。

犬用食器の値段は約1000円〜3000円となっています。

キャリーケースにかかる費用

犬を電車に乗せたりするときには犬用のキャリーケースが必要になります。

あまり頻繁に利用するものではありませんが、あると何かと便利なので購入しておくといいですよ。

キャリーケースの値段は約3000円〜1万円となっています。

その他犬にかかる費用

上記以外にも犬を飼うにあたってかかる費用がたくさんあります。食事やワクチンなど絶対に必要なものではありませんが、必要な場合にはこれぐらいの金額がかかることを知っておくといいでしょう。

去勢・避妊手術の費用

子供を産まないことを望む手段として、犬の去勢手術・避妊手術という選択肢があります。

オスの去勢手術の金額としては約10000円〜25000円が一般的となります。

メスの避妊手術の金額としては約20000円〜40000円が一般的となります。

去勢手術や避妊手術は避妊効果だけでなく発情期のストレスを抑えるのにも効果的ですので、繁殖を望まない場合は早めに去勢してあげるといいでしょう。

怪我や病気の治療にかかる費用

犬も人間と同じように風邪をひいたり怪我をしたりするので、病院代や薬代も臨時的な支出となります。

治療にかかる費用は病気や期間によっても異なりますが、「家庭動物白書2018」という調査データによると怪我や病気の治療費として一年間に使った平均が50000円〜70000円となっています。

もちろん年齢や丈夫さによって治療費は大きく異なりますが、平均の目安として覚えておくといいでしょう。

トリミングにかかる費用

ペットの体毛を綺麗にカットしてくれるトリミングは、お店によって金額も異なりますが約3000〜10000円が一般的となります。

トリミングは絶対に必要という訳ではありませんが、ワンちゃんの体毛を可愛くカットしてくれるので何ヶ月かに一回は訪れるといいですよ。

ペットホテルにかかる費用

旅行や仕事で家をしばらく空けないといけない場合、知り合いなどに預けることができたら良いのですが、それが無理ならペットホテルに預けるなどの対応が必要になります。

ペットホテルの費用はだいたい1日3000円〜6000円ぐらいが平均的であり、小型犬よりも大型犬のほうが費用が高くなるのが一般的です。

ペットホテルに預ける以外にも、自宅にきてペットの世話をしれてくれる「ペットシッター」というサービスもあります。

散歩や食事の世話をしてくれるペットシッターは一回3000円〜6000円が相場となります。

犬を飼うのにかかる月間費用・年間費用

上記の金額は犬を二匹飼っている我が家の支出も参考にしながら決めていますが、「家庭動物白書2018」という調査データに犬にかかる費用の統計データが記載されています。

調査データによると犬にかけた費用は、1年間で445,993円で1ヶ月換算すると37,166円です。

我が家ではさすがにここまでの費用はかかっていませんけどね・・・。

最後に

犬を飼うにあたって必要な費用について解説してきましたが、ここで紹介した以外にも間接的に増える費用はたくさんあります。

例えば電気代もペットがいるといないとでは違ってくるでしょうし、洗濯の量やゴミの量なども変わってくるでしょう。

犬を飼うのは思っている以上にお金がかかるので、何度も言いますが責任をとれないような状態で犬を飼うのはやめましょうね。

以上、犬を飼う費用についてでした。

最後まで読んでいただき感謝!感謝!

最新情報をチェックしよう!
広告